ノースフェイス シャトルデイパック

今度一泊二日の出張にいくので、その時に使えるバックパックがほしいなと思っていて、今回ノースフェイスのシャトルデイパックを購入してみました!

ノーマル、3wayタイプ、スリムがあり、迷ったのですが、

  1. 1泊2日に耐える
  2. サイズ感
  3. デザイン

この3つのトータルバランスから色が黒のノーマルタイプを買うことにしました!

 

実際のサイズ感であったり、なぜ3タイプの中からノーマルタイプを選んだのか、口コミにかかれていたシャトルデイパックのデメリットなどを書いています。今、ノースフェイスのシャトルデイパックを買おうとしている、実際にどんな感じなのか?というのが気になる方は読んでみてください。

ノースフェイス シャトルデイパックのサイズ感

だいたい楽天やamazonでサイズは書いてあるんですが、実際にどれくらいのサイズかわかりにくいかと思いますので、実際に500mlペットボトルと並べて見たので実際のサイズ感の参考に良ければ見てみてください(^^)

まずは縦のサイズです。
公式サイトによると高さは46cm。
ペットボトル2本分くらいの高さでした。

ノースフェイス シャトルデイパック サイズ

 

次に横の長さ。
29cmとなっていて、だいたい500mlペットボトル1本 + 1/3くらいの長さですね。

ノースフェイス シャトルデイパック サイズ

 

そして奥行き。
14cmということだったのですが、だいたい伸ばした状態でペットボトルの3/4くらいでした。

ノースフェイス シャトルデイパック サイズ

一応公式によるサイズ表を載せておきますね。

 シャトルデイパックシャトルデイパック
スリム
シャトルデイパック
3way
高さ464531
292744.5
奥行141216
容量25L18L25L

ノースフェイス シャトルデイパックの中身

次はシャトルデイパックの中身を見ていきたいと思います。
上部から見るとまず3つの部屋に別れています。

ノースフェイス シャトルデイパック サイズ

 

まずは1番手前が、PCやタブレット、書類入れとなってます。
どこに何をいれるかわかりやすいようにマークも入っていました。

ノースフェイス シャトルデイパック

 

で、次がメインの部屋。
結構な広さもあり、男性の1泊2日程度の出張や旅行程度であれば余裕で入るレベルだと思いました。

ノースフェイス シャトルデイパック

 

そして、3つめが小部屋で、歯ブラシだったりの小物が入れられるようになっています。
個人的には細かく区切られているのが開けたときにも見やすくて良いなと思ったポイントでした!

ノースフェイス シャトルデイパック

 

で、実は表面の下にもチャックがあり(デザイン性を高めるためか見えないようになってます)、そこにも荷物が入れられます。

ノースフェイス シャトルデイパック

 

入り口も狭いのでよく使うものは入れにくいですが、充電器などの使用頻度の少ないものを入れるにはぴったりな場所だと思います。

ノースフェイス シャトルデイパック

ノートパソコンはどれくらいのサイズが入る?

PC専用の場所があるんですが、実際にどれくらいのサイズまでのPCが入るのでしょうか?
実際に私の使用している13インチのMacbookairを入れてみました。

ノースフェイス シャトルデイパック ノートパソコン

 

あえて橋に寄せていれてみたら余裕があり、だいたいまだ3.5cmくらい大きいサイズまで行けそうでした。

僕の持っているMacbookairは古い方の方で幅が32.5cmで、最新型のMacbookPro15インチのサイズが34.9cmなので、MacのノートPCであれば基本的に問題なく入るサイズ感でした。

まだ比較的に余裕があるので、15インチであれば基本的に問題ないかな?というのが感想でした。

ノースフェイス シャトルデイパックのデメリット

実際に購入する前に口コミを調べていたら出てきていたデメリットは2つありました。

シャトルデイパックのデメリット
  1. 防水性がない
  2. ジッパータブがない

防水性がない

これは素材的にどうしようもない問題なのですが、使用している素材「1050Dコーデュラバリスティック(R)ナイロン」には防水性がないんです。だから雨が降るとしょうがないというのが実際のところ^^;

といっても完全に対策がないわけではなく、ノースフェイス公式が専用のレインカバーを販売しているので、雨対策がどうしても必要な場合は専用のレインカバーを買うと防水にできるのでありだと思います。

ノースフェイス ザックカバー レインカバー シャトルデイパック NM91606

ジッパータブがない

これは防水と比較するとあまり出てきませんでしたが、たまにみた口コミです。シャトルデイパックのジッパータブ(ジッパーの持ちて部分)はこのようになっています。

ノースフェイス シャトルデイパック デメリット

つまり、ジッパーを開け締めするときに持つ場所が小さいので開けにくいということだったんです。私の場合は毎日使うわけではないのでそこまで気にならないですが、通勤・通学など毎日使う場合は少しでも快適さを上げるためにつけるのは良いかと思いました。

amazonでジッパータブ6個セットでが210円程度で販売されていたので、金銭的に負担にもならない額なのでありだと思います(^^)

↓  ↓  ↓

ジッパータブ

ノースフェイス シャトルデイパック、スリム、3wayどれが良い?

シャトルデイパックには、通常バージョン、スリム、3wayがあって買う時どれにするか迷いました^^;

 

一番最初に候補から外れたのは3way。
理由は持ち手が横にあるのが好みでなかったからです。


THE NORTH FACE ザ ノースフェイス NM81601 SHUTTLE 3WAY DAYPACK 25L

↑  ↑  ↑
この画像を見てもらってわかるように基本「カバン持ち」or「肩掛け」がメインになっていたので、リュックとして利用をメインに考えていたので、リュックにしたときに横から出るのも好みじゃなかったんです^^;
容量が特別に多いわけでもないので、まず一番最初に候補から消しました。

ただビジネスでカバン持ちメインにするなら選択肢としてはありですね(^^)

ノーマルかスリムどちらを選ぶか?

この2つはかなり迷いました。

単純にデザインで選ぶなら「スリム」だと思います。
理由は持ち手の場所。

まずはノーマルの持ち手を見てみてください。

ノースフェイス シャトルデイパック サイズ

持ちて部分が奥と手前に2箇所あり、どうしても後ろから見えてしまう見えてしまいます。

 

それに対して、スリムではこんな感じ。

ノースフェイス シャトルデイパック スリム

 

持ちて部分は1箇所だけで、背中側に折りたたみできるので後ろから見えることはありません。
だから見た目にもスッキリで、私の好みである「シンプルで洗練された」な感じに(笑)

 

 

このデザインだけで考えると間違いなくスリムを選んでいました。
しかし、今回ノーマルにした理由は容量です。

画像だけでスリムの18Lと、ノーマルの25Lの違いがわからなかったので店舗に行ってみたんですが、スリムは小さすぎる。

普段の仕事に行くだけならスリムで十分なのですが、1泊2日となるとよほどパンパンに突っ込まないと厳しい^^;
スリムなのに、荷物がパンパンで型くずれしてしまったらそれはそれでダサいw
ということで実際に店舗で2つを比較してみた結果ノーマルのシャトルデイパックにすることにしました。

シャトルデイパックを買ってみての感想

ノースフェイスのシャトルデイパックを買って実際に使ってみての感想ですが、個人的には大満足でした♪

デザインもカジュアルすぎず仕事にも使えて旅行にも使える、耐久性も高いし、中身も細かく分けられていて使いやすい。それでいてデザインはシンプルだけど洗練された美しさもある。これから長い間使っていくだろうなぁと思えました。

 

ということで、もし今購入に迷っているならワタシ的にはおすすめです♪
もし迷っているなら買って失敗はないかと思いますので、買ってみてはいかがでしょうか??